徒然なるママの365日

ちょっとした日々の悩みや疑問を解決します

青梅市納涼花火大会2016の日程、アクセス、おすすめスポットについて

      2017/07/13

oume
昭和23年に都営バス路線が、青梅地域に開通したのを記念して始まった、青梅市納涼花火大会。

今では、花火の打ち上げ数は約3,300発、2015年の人出は約1万3,500人と、東京でも大規模な大会になってきました。

青梅の花火の代名詞といえば、永山大照明です。

メイン会場正面の永山丘陵ハイキングコース上に設置された地上花火に点火されると、一瞬にして丘陵の木々が夕闇に浮かび上がり、幻想的な風景に誰もが引き込まれます。

この永山大照明は、他の花火大会では見かけない変り種で、一見の価値がありますよ。

スポンサードリンク

青梅市納涼花火大会2016の日程は?

打上日

2016年8月6日(土)(予定) ※雨天時は翌日に順延

打上時刻

19:30~20:40(予定)

打上数

3,512発(予定)

なお、2016年の主な変更点は次のとおりです。

(1)発数の増加

  • 3,512発(昨年比+224)

(2)大玉の増加

  • 尺玉以上15発(昨年比+3)

(3)ます席の増加

  • 1,215区画(昨年比+215)

(4)前売券販売開始日時の変更

  • 一般販売 7月3日(日) 12:00~17:00
  • 協賛者優先販売 7月2日(土) 12:00~17:00

※昨年までは6月最終日曜日の午前から

今年も完売必至です!

青梅市納涼花火大会のアクセスは?

メイン会場は永山公園グラウンドで、全席有料です。

JR青梅線青梅駅下車、徒歩約10分です。

有料券を購入できなかった場合は、次の花火スポットをおすすめします。


スポンサードリンク

花火が見えるおすすめスポットは?

メイン会場となる永山公園グラウンドで、大会の目玉である尺5寸玉を見上げると、火の粉が降りかかってくるのではないかと思われるほど大迫力で、衝撃さえ感じる大音響につつまれます。

しかし、永山公園グラウンドの有料席が事前購入できなかったときは、当日は速やかに別の場所から観覧しましょう。

おすすめは、圏央道青梅料金所付近です。

周辺には大型ショッピングセンターが複数あり、そこを利用しながらでも充分花火が楽しめますよ。

スポンサードリンク

まとめ

直径約45cm、重さ10数kgにもなる尺5寸玉が地上約400メートルまで打ち上げられ、直径約400メートルの花が開く、青梅市納涼花火大会。

都心からちょっと離れたところがまた魅力でもあります。

大玉で、かつ都心から離れている分、付近からは比較的どこからでも花火が観られます。

ぜひ、一度足を運んでみてくださいね。


■ おすすめトピック ■

 - 花火大会