徒然なるママの365日

日々感じたママに思ったママを綴っていきます

2017年の新入社員の夏のボーナスはいくら出るの?使い道はどうする?

   


入社して数カ月経ちましたね。

期待と不安が入り混じりながら迎えた入社式も、もうすっかり昔のことのようです。

今ではすっかり仕事に終われる日々が続いていることでしょう。

そんなアナタにも、間もなくボーナスが出るかも知れませんよ。

スポンサーリンク

2017年の新入社員には夏のボーナスは出るの?

そもそも、ボーナスとは、業績やアナタの会社への貢献度に基づいて支給される「賞与」です。

業績や会社への貢献度は、過去の実績で判断されます。

つまり、前年度働いていない新入社員の方には、当然実績がほとんどないため、ボーナスもないということになります。

4月に入社してからまだ数か月ですし、試用期間や研修期間中の方も多いでしょうから、これは仕方ないことです。

でも、一般的には新入社員にも夏のボーナスを支給するという企業は多いのです!

ただし、新入社員の夏のボーナスは業績等に基づくものではなく、「寸志」というカタチで支給されるケースが多いようです。

もちろんボーナスそのものを導入していない会社もありますので、その辺りは入社時の規定をしっかりと確認しておいてください。

ちなみに、ボーナスの支給は基本的には夏と冬に分けて2回支給されますので、冬のボーナスに向けて業績アップを目指してくださいね。

2017年の新入社員の夏のボーナスはいくら出るの?

新入社員の夏のボーナスはいくら出るの?

新入社員にとっての夏のボーナス(寸志)の平均金額は、おおよそ5万円から10万円のようです。

大卒新入社員の業種別の夏のボーナス(寸志)の平均を見てみると、製造業で平均10万円弱、非製造業で平均は9万円弱だそうです。

もちろんこれは業績等に基づくものではないので、「これから頑張っていって欲しい」という期待料ということになります。

新入社員のうちはボーナスすらもらえないというのも珍しくありませんので、夏のボーナス=期待料がもらえる方はありがたいと思いましょう。

ちなみに、新入社員に最も近い20歳代のボーナスの平均額ですが、20歳代前半は37万円、20歳代後半で60万円だそうです。

やはり、「石の上にも三年」ということでしょうか。

新入社員の夏のボーナスはいつ頃出るの?

もらえる方にとっては、額もモチロンですが、いつ頃出るのかも気になりますよね。

一般的には7月初旬が多いようですが、企業によってかなりバラつきがあります。

先輩方に確認しておきましょう。

ちなみに公務員の方は、法令により毎年6月30日(6月末)に定められています。

今から計画を立てておきましょう。

なお、新入社員の夏のボーナスについては、

新入社員の夏のボーナスの平均や寸志について解説します

で詳しく解説していますのでご覧くださいね。


スポンサーリンク

夏のボーナスの使い道はどうしたらいい?

いつ頃、いくらもらえるのがわかったら、次はその使い道ですよね。

昨年の「夏のボーナス 2016(価格.com)」によると、夏のボーナスで購入する商品のランキングは、次のとおりとなっています。

順位 夏のボーナスで購入する商品(2016年) 割合
1 洋服・ファッション関連 15.6%
2 カー用品 11.7%
3 ノートパソコン 10.8%
4 家具・インテリア 9.1%
5 本・雑誌・漫画 8.3%
6 カメラ 8.2%
7 スマートフォン 8.0%
8 スポーツ用品・アウトドア用品 7.9%
9 PCパーツ 7.8%
10 ホビー・おもちゃ・グッズ 6.4%

アナタは何を買いますか。

ワタシなら、やっぱりノートパソコンかな?

調査対象:価格.com ID登録ユーザー
調査方法:価格.comサイトでのWebアンケート調査
回答者数:2,407人
男女比率:男92.2%:女7.8%

【参考】夏のボーナス2016 -知りたい! みんなの懐事情-(価格.com)
【URL】http://kakaku.com/research/report/093/p02.html?lid=research_navi_bottom_093_03

スポンサーリンク

まとめ

新入社員なのですから、夏のボーナス(寸志)には大きな額は期待してはいけません。

勤続年数を重ね、会社への貢献度が高まるとともに、ボーナスも増えていきます。

一方で、たとえ寸志であっても、やっと手にする初めてのボーナスです。

喜びを感じるとともに、ご両親にも報告してくださいね。


■ おすすめトピック ■

 - ボーナス , ,