徒然なるママの365日

ちょっとした日々の悩みや疑問を解決します

新入社員の冬のボーナスはいくら出るの?いつ?使い道は?解説します

   

42eea2e890470effe8653ed4a79ece83_s
以前、ワタシのサイトで、

新入社員の夏のボーナスの平均や寸志について解説します

と題して、

1年目の夏のボーナスは、アナタに対する「期待料」で、

  • ボーナスは前年度の査定や在籍期間で金額がきまる
  • 新入社員の夏のボーナスは「寸志」が多い
  • 新入社員の寸志は10万円以下が相場

と解説させていただきました。

今回は、そんな期待料をもらったアナタが、期待どおり、いや、期待以上に活躍した場合、冬のボーナスはいくらぐらいもらえるのか、調べてみました。

スポンサードリンク

新入社員の冬のボーナスはいくらぐらい出るの?

冬のボーナスは、当該年度上半期の営業成績や、会社への貢献度を考慮して支給される賞与です。

たとえ新入社員といえども、当該年度の上半期であれば、一定の期間業務を行っているのですから、当然ボーナスが支給されます。

でも、4月に入社して、3ヶ月間ないしは6ヶ月間は試用期間だとすると、諸先輩方と同じ基準に当てはめるわけにはいかないでしょうね。

で、今年、2016年の冬のボーナスを考えるために、去年のデータをちょっと参照してみましょう。

  • 2015年 冬のボーナス平均支給額  801,163円(2015年12月:日本経済新聞社発表)
  • 2015年 初任給(大卒:男女平均) 202,000円(2015年11月:厚生労働省発表)

新入社員の冬のボーナスの平均支給額は、給与の0.8~1ヶ月くらいが相場だと言われています。

仮に、今年の冬のボーナスと初任給が昨年度と同額だとすると、2016年の新入社員の冬のボーナスは、

160,000円~220,000円

程度ではないかと推測されます。

あくまでも過去のデータからの推測ですよ!

当然、アナタの会社の業績やアナタの業績などに左右されるのですが、夏のボーナスに比べるとかなり使い道が増えてきますね。

冬のボーナスはいつもらえるの?

民間企業では、ボーナスをもらえる日時は決まっていませんが、一般的には冬のボーナスは12月5日~15日の間が多いといわれています。

ちなみに、公務員は、国家公務員と地方公務員とを問わず、冬のボーナスが12月10日、夏ボーナスが6月30日です(支給日が勤務日ではない場合は前倒しになります)。

スポンサードリンク

公務員に支給されるものの中には、給与のほかに、期末手当、勤勉手当と呼ばれるものがあります。

アナタの会社の冬のボーナが12月中旬までに支給されるなら、彼女へのクリスマスプレゼントは、ボーナス支給額と相談して決めたほうが喜ばれるかも知れませんね。

冬のボーナスの使い道は?

冬のボーナス2015 ボーナスで購入したい商品」(価格.com)

URL:http://kakaku.com/research/report/089/p02.html

によると、冬のボーナスで購入したい商品のトップは、洋服・ファッション関連で17.5%でした。
続いて、ノートパソコン9.1%、本・雑誌・漫画8.7%、ホビー・おもちゃ・グッズ7.9%、スマートフォン 7.9%。PCパーツ7.8%と続きます。

ボーナスで購入したい商品ランキング

順位 購入したい商品 割合
1位 洋服・ファッション関連 17.5%
2位 ノートパソコン 9.1%
3位 本・雑誌・漫画 8.7%
4位 ホビー・おもちゃ・グッズ 7.9%
4位 スマートフォン 7.9%
6位 PCパーツ 7.8%
7位 タブレット端末 7.3%
8位 家具・インテリア 7.1%
8位 スポーツ用品・アウトドア用品 7.1%
10位 カメラ 6.6%

さあ、アナタなら何に使いますか?

まとめ

新入社員なのですから、夏のボーナス(寸志)はモチロン、冬のボーナスも大きな額は期待してはいけませんよ。

でも、勤続年数が増え、会社への貢献度が増すとともに会社からの信頼度が大きくなれば、それに伴ってボーナスも増えてきます。

初めての社会生活が始まって、半年以上の間、戸惑い、我慢して、そして怒られながらやっと手にする冬のボーナスです。

スポンサードリンク

喜びを感じながら受け取って、そして上手に使いましょう!


■ おすすめトピック ■

 - ボーナス ,